トランプタワー建てられますか?ロボット「僕ならできます!」

こんにちは!

たけしです。

 

みなさんが思う人間とロボットの大きな違いは、何だと思いますか?

僕は、思う違いは以下の通りだと思います。

人間は、汎用的な作業と創造的な活動ができる。

ロボットは、決められた動き以外は出来ないかわりに決められた動きには特化しており、人間以上の働きをする事ができます。

(イメージは、汎用型と特化型の違いですかね笑)

 

今回は、子供の頃に誰もが挑戦して心が折れてしまった事をArthur Sacekがロボットで挑戦する動画がありました♪

動画を見て「おぉ〜!!」と思ってしまいましたので、紹介したいと思います!!

 

 

レゴロボットでトランプタワー

トランプタワーを作る人のイラスト

まず、2段目まで作る事ができるかどうかが大きな差だと思います。

ちょっとした風や机の振動によって、崩れてしまうトランプタワーに何度も涙を呑んできました笑

 

しかし、ロボットであれば同じ動きでタワーを建てることができるので、ロボットの限界高さまでだったら何度でも建てることができます♪

トランプタワーが完成していく様は、なかなか爽快ですよね笑

 

 

 

こんな物も面白いのでは!

f:id:enjiniadon:20210321225716j:plain

僕が思う理想形としては、一段ごとにタワーの型を作ります。

そして、型にトランプをセットしたら、型を抜いてタワーを建てる!!

こんなものがあれば、型さえ作ればいくらでも大きくしていけるし、作成も短時間でできるのではないかと思います♪

 

 

 

さいごに

学生時代にロボコンをやっていましたので、こういった課題のようなものがあれば、どうしても考えてしまうのですよね笑

僕自身は、こういうイメージすることはクリエイティブな発想をする練習だと思います。また、イメージすることは、案外楽しいので是非やってみてください!!

 

参考URL

なんだかストレスフルだから、レゴ製マシンがトランプタワーを組み立てていくタイムラプスを見るよ | ギズモード・ジャパン

 

今日の記事はここまでとさせていただきます!

読んでいただきありがとうございました。

 

 

〜 剛田 武 〜

 

運動が楽しくなる!! LED縄跳びで楽しく運動♪

こんにちは!

たけしです。

 

こんな経験はありませんか?

縄跳びを何回出来るか勝負した時に、

「あれ、今何回跳べた?」

とせっかく頑張ったのに、回数を忘れてしまい勝負が曖昧になってしまったこと。

 

僕も小学生時代に縄跳びブームがきた時に難しい跳び方はもちろんですが、回数でも競い合っていました。

 

技術が進歩している現代において、そんな残念な出来事は全て技術が解決してくれます!!!

その縄跳びは、

SmartRope LED

 

名前にスマートは、伊達じゃないです!

今日は、そんな縄跳びを紹介していきます♪

 

 

 

伊達じゃないSmartRope LED

f:id:enjiniadon:20210415211022j:image

出典元:Glotureより

 

既存の製品で、LED扇風機という物があります。

LEDを光らせながら、扇風機の羽を回転させることで、文字や模様を映し出します。

 

今回の縄跳びも同様に、縄を回して正面にきたらLEDを光らすという物です。

しかし、この縄跳びが凄いと思った理由は、ロープに内蔵されたLEDです。

縄を回して地面に激突する時、かなりの衝撃が発生すると思います。

この衝撃を耐え切って、目の前に跳んだ回数を表示してくれるというのですから、本当に凄いと思います!

 

価格は、10,780円と高めな値段設定のため、本格的に縄跳びをやっている方にはおすすめです♪

 

 

 

さいごに

学生時代にLED扇風機に衝撃を受けましたが、まさか縄跳びまで可能にしてしまうとは時代の流れは早いですね♪

技術も組み合わせ次第でいくらでも化けてしまうので、アイデアは偉大です!

 

 

今日の記事はここまでとさせていただきます!

読んでいただきありがとうございました。

 

 

〜 剛田 武 〜

【テクノロジー】家の机がキーボードに!?面白いスマホ用キーボード!

こんにちは!

たけしです。

 

皆さんあけましておめでとうございます!

2023年もたけしの百科事典を宜しくお願い致します!

 

この年末年始期間中に書き溜めた記事を放出していきます。

 

 

外出先でちょっとした仕事の作業をする際に、モバイル用のキーボードがあると便利ですよね!

少し前のものではありますが、そんなモバイル用のキーボードの中でも特徴的なものがあったのでご紹介させていただきます。

 

 

 

投影式キーボード

https://techable.jp/wp-content/uploads/2020/07/serafim-5_result.jpg

 

この「Serafim Keybo」というキーボード、なんとキーボードそのものは実態がなく、

机にキーボードをレーザー投影して使うものとのこと!

なんとキーボードをスマホと一緒にポケットに入れて持ち運ぶことができるのです!

これを初めて使うほとんどの方は、「本当に文字打てるの?」って疑問を持ちながらタイピングをするみたいですが、実際に文字を打てたときのなんとも表現し難い感動があるとのこと!

 

最初はなれるまでミスタイプや誤作動が起こってしまうようですが、なれれば普通のキーボードと同じ感覚で打つことができるとのことでした。

 

さらに、専用のアプリを使うとキーボードも投影して楽器を弾くことも可能になるという多彩な機能を持ったキーボードになっています!

 

みなさまも一度使ってみて、机でタイピングする感覚を味わってみては如何でしょうか?

 

 

 

まとめ

今回は投影式キーボードのご紹介をさせていただきました!

個人的にはポケットサイズのキーボードっていうのが面白くてありがたいって思います。

時期にパソコンを持ち歩くこともなく、全てスマホ等のモバイルで仕事をする時代がくるのかもしれませんね!

 

参考URL

ポケットに入る大きさ!レーザー投影式キーボード「Serafim Keybo」レビュー | Techable(テッカブル)

 

今回の記事はここまでとさせていただきます。

読んでいただきありがとうございました。

 

 

〜剛田 武〜

これぞ男のロマン!!一度こんなバイクに乗ってみたい♪

こんにちは!

たけしです。

 

こういう物が作りたい!!

そんな自己主張の塊のような機械は、最高だと思います♪

 

企業に勤めていれば、需要と供給を考えて売れる物を作り、会社の利益を出さなければなりません。

 

確かにこういった制限があるからこそ、洗練された商品や広くふきゅうするような素晴らしい商品が出来ることも確かです。

 

しかし、物作り大好き人間には、ただ自分のロマンを追い求めて、作り上げた機械にはそんな想いが込められている気がします♪

それでは、そんな男のロマン溢れる物を紹介していきます!!

 

キャタピラなのにバイク!?

f:id:enjiniadon:20210409223547j:image

出典元:EX-ROAD

 

キャタピラって男のロマンって感じがしませんか笑

しかも、それをバイクにしてしまうとは・・・

頭が悪いバイクだ!

 

でも、そんなバイクは大好き♪♪

実はバイク大好きな僕ですが、紹介したい衝動に駆られてしまいました。

 

直線は問題がありませんが、左右に曲がるのは一苦労です。重心移動や足を軸に曲がっていくしかなく、普通のバイクではありえないですよね笑

 

キャタピラといえば戦車やショベルカーなどの重機に使われていて、素早いイメージはありませんが力強くどんな悪路でも大丈夫ですよね!

 

 

まとめ

 

僕個人としては、将来的に一輪バイクを使ってみたいなと思います♪

f:id:enjiniadon:20210410000021j:image

引用元:「無駄と夢が詰まっている」1935年の一輪バイクがロマンの塊 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

 

エンジンタイプの一輪バイクも作ってみたいですが、これを自転車にして自力で漕いでみるのも面白いかもしれません♪

 

参考URL

キャタピラで走る「ハムスター」。SF映画や漫画に出てきそう! | ギズモード・ジャパン

 

今日の記事はここまでとさせていただきます!

読んでいただきありがとうございました。

 

〜 剛田 武 〜

歩きスマホを解消!? 香港発祥の地面に映る信号機

こんにちは!

たけしです。

 

みなさんは、普段の生活で危ないけどやっちゃう行動とかありますか?

 

例えば、歩きながら食べ物を食べたり飲み物を飲んだりとかどうでしょう?

 

本当は立ち止まって食べたり、座れるところを探したり擦るかもしれませんが、我慢できずに食べちゃう時や、喉が渇いて飲み物を飲んでしまう時などあると思います。

 

そんな歩きながらやってしまう行動として「歩きスマホ」は代表例なのではないでしょうか!?

出典元:​https://pixabay.com/ja/

駅のホームや道路で自分自身がやってしまうかもしれませんし、他の人を見て危ないと思ったこともあるのではないでしょうか。

 

今回は、そんな歩きスマホをテクノロジーを利用して解消しようとするアイディアが香港であるようなので紹介します!

 

道路に映る信号

出典元:https://www.td.gov.hk/en/transport_in_hong_kong/pedestrians/pedestrian_crossing_facilities/tadep/index.html

 

現在、歩きスマホが世界的にも問題になっているようです。

 

アメリカの州知事幹線道路安全協会は、2016年の歩行者の死者数が約6千人だったと推計しており、その原因のひとつとして、スマートフォンの使用による注意力の低下を指摘しているようです。

 

その現状をみた香港の※運輸署は2022年7月、歩行者が赤信号で横断歩道を渡らないよう、横断歩道の待機場所を赤くライトアップし、歩行者の気づきを促す取り組みを始めたようです。

※運輸署とは日本で言う警察署の役割

 

歩きスマホをして下を向いている人でも、道やスマートフォンが反射する赤い光を見たら、我に返って立ち止まるようになったみたいですよ!

 

ただ、あくまで信号の機能を補助する役割に特化している様なので、この機能頼みになるのもよくないかもしれませんね!

 

まとめ

 

僕がこの話題を見つけた時、素直になるほどなと思ってしまいました!

 

いくら注意喚起をしてもやってしまう事もありますから、そこをどうやったら事故にあわないようにできるかなという発想の転換と創意工夫が感じられました。

 

僕もこのアイディアのように、どうやったらいい物を伝えられるかな、どう伝えたら人に伝わるかなを意識しながら仕事をしていきます。

 

都市の最新テクノロジーを活かした取組みで面白いものを過去の記事で紹介していますので是非読んでみてください。

enjiniadon.hatenablog.com

 

参考URL

歩きスマホをテクノロジーで解決?香港の「地面に映る赤信号」 | 世界のソーシャルグッドなアイデアマガジン | IDEAS FOR GOOD

 

今日の記事はここまでとさせていただきます!

読んでいただきありがとうございました。

 

〜 剛田 武 〜

お気に入りのイラストを3Dに! 最新3Dホログラフィックディスプレイ

こんにちは!

たけしです。

 

最近、身近になり始めた技術で「3D」ってありますよね。

ちなみに、3Dと世間で聞いたり話したりしているかもしれませんが、みなさんは3Dの定義って知っていますか?

出典元:​https://pixabay.com/ja/

「3D」とは、「three-dimensional(スリーディメンショナル)」の略語で「3次元」を意味する言葉で、物体構造モデリングなどに用いられるらしいです。最近だと、3D映画や3Dフォトなども人気になってきていますよね!

 

そんな今回は、自分のお気に入りのイラストやフォト、キャラクターを3Dにして楽しめるディスプレイを見つけましたので、紹介していきます。

 

Looking Glass ルッキングガラス

まるでファンタジーの世界みたいですよね!

 

本来であれば、3D用に画像の加工やモデルを作成するところから作業しなければならないところが3Dの難しいところでした。

 

しかも、お気に入りの写真1枚で3Dで表現するのはもちろん、お気に入りのキャラクターを3Dで楽しめるのは一気に幅が拡がりますし、もっと身近になってきますよね。

 

使い方もシンプルで、難しい操作は必要としていないようです。

 

スマホポートレートモード、または深度情報を記録可能なカメラアプリで撮影した写真をインポートするだけで誰でも気軽に、3Dフォトが楽しめる様です。

 

この機能を活用して、アルバムにしてある思い出の写真や画像を3Dにしてプレゼントしても喜ばれるかもしれませんね!

 

最後に

今回、僕のブログで久しぶりに「いいな!」と思ったガジェットを紹介しました。

なにより、3D技術が身近にあったことに驚きです!

 

今も、エンジニアの仕事を続けながらモノづくりの仕事やテクノロジーの仕事に携わっていますが、より良いモノをこれからも伝えていくために記事を書いていきたいなと改めて感じています。

 

先日、仕事でお世話になっている先輩経営者の久保さんと話す機会があったのですが、

どんな仕事でも、目の前の方を喜ばせる仕事をしなければ意味がないと言っていて

まさにそうだなと感じました。

 

このブログも今読んでくれている方に、少しでもいい情報を届け、より楽しんでいただけるブログにしていきます!

 

今の僕の思いを書かせていただいたブログもありますので、是非読んでみてください。

enjiniadon.hatenablog.com

 

参考URL

3Dホログラムディスプレイ「Looking Glass」で、お気に入りのイラストやキャラクターを3Dに

 

今日の記事はここまでにさせていただきます!

読んでいただきありがとうございました。

 

〜 剛田 武 〜

ゴミ箱と家電が合体!!ありそうでなかった便利グッズ

こんにちは!

たけしです。

 

物を組み合わせることで、新たな商品を作ることは昔から行われていたと思います。

そして、今回も組み合わせによって新たに誕生した物があります。

それは、

 

「ゴミ箱」

 

現代のゴミ箱は、人感センサーにより手をかざすと蓋を開けてくれる優れます。しかし、今回の組み合わせはとある電化製品の組み合わせで進化した物であり、あれば便利だなと思う物だと思います笑

それでは、紹介していきます♪

 

センサー式ゴミ箱掃除機

f:id:enjiniadon:20210417225223j:image

出典元:サンコー

センサー式ゴミ箱掃除機「吸っちゃうダストボックス」 | 【公式】サンコー通販オンラインショップ

 

ゴミ箱もマルチタスクな時代が来た!!

蓋を自動で開けて、掃除機の機能までついてしまっています♪

広いお部屋には、充電式が有効かもしれませんが、一人暮らしだとこういった掃除機が有効的かもしれません。

なぜならば、ゴミを捨てるという行動を減らすことができるということです。掃除機単体だと、ゴミ箱と掃除機に溜まったゴミを捨てなければなりませんが、二つが合わさればその手間が減るということです!

価格は:12800円

 

丁度、買い替える方や新生活が始まる方は、この掃除機を検討してみてはいかがでしょうか♪

 

さいごに

最近では、物と物を組み合わせて新たな物を生み出そうという動きが盛んなように感じています。

 

この流れに乗り遅れることなく。柔軟な考えとアイディアが大切なのだと改めて感じましたね。

 

僕も常に考えながら仕事をしていきます!

 

今日の記事はここまでとさせていただきます!

読んでいただきありがとうございました。

 

 

〜 剛田 武 〜

 

 

参考URL

直接ゴミを吸えちゃうゴミ箱が登場 サンコーから「センサー式ゴミ箱掃除機」発売 - ねとらぼ